So-net無料ブログ作成

ピンぼけ!どうにかならない? [フォーカス]

シャッターを切ったら「ピンぼけ」でがっかり…
ありますよね
20170709163047.JPG
カメラは同じ模様の繰り返しや単一色の無地にピントを合わせるのが苦手です。
そこで同じ並びで「きれいでないもの」にピントを合わせてから写してみましょう。
『無理ムリ、そんなのないよ』とゆうときは、思いっきり近くのものにピントを合わせ、写したいものがわからないほど「ピンぼけ」の状態からピントを合わせていきましょう。
20170709163102.JPG
ピントの合わせ方には
・コントラストAF:フォーカス範囲内のものがモノがはっきりするかどうかをピントを前後に振って試して合わせる
・位相差AF:センサがフォーカス範囲内のものが前後どちらにピントがずれているかを検知して合わせる
の2種類の方法があります。
コンパクトカメラなどは『コントラストAF』がほとんどです。
一眼は『位相差AF』が採用されていますがモニターを見ながら写す時は『コントラストAF』です。
どちらも一長一短ですが、得意なのは
・コントラストAF:フォーカスを正確に合わせる、止まっているものを写す
・位相差AF:素早くフォーカスを合わせる、スポーツ写真や動物など動いているものを写す
です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。