So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

アクションカメラを手に入れて [デジカメが欲しい理由]

タフで、全天球が写せるカメラがほしくて、KeyMission360を購入しました。
20170717143920.jpg
結果、
・カメラというよりは、「無声動画のビデオ」カメラ
・シングルタスクの「発展途上」
・制限が多い
で、求めていたカメラとは、違ってました。

次に期待したいです。

まず、『カメラというよりは、「無声動画のビデオ」カメラ』です。
絞りもシャッタースピードも「オート」で補正も設定もできません。これでは、デジカメとは思えません。ビデオカメラです。
もちろん「ビデオ」も撮影できますが、かなり高スペックのPCでないと再生さえできません。
ビデオの撮り方で「スーパーラプス動画」と「タイムラプス動画」は録音出来ません。

次に、『シングルタスクの「発展途上」』ですが、マルチタスクはできません。
つまり、スマホで「撮影指示」後「撮影中の状態」をスマホでは確認できません。
また、画像転送中は「撮影」できません。もちろん、撮影中は、撮影データの転送も出来ません。
さらに、複数の支持が重なると「フリーズ」する傾向が見られます。
特に「スマホとのWiFi接続」状態で、カメラ側のスイッチで撮影すると…どうなったのか分からず、両方を初期状態にしてやり直します。

最後に『制限が多い』です。
・水平はカメラが決める
・「タイムラプス動画」は最大10秒の再生サイズのみ
・急にバッテリーがなくなる。
です。

これから改善されるか、新しい機種に期待しています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

デジカメの選び方…まとめ [デジカメの選び方]

もし、お店に行くなら、次の順序で確認してみてください。

1 保有のレンズが使えるか: レンズをつけて使えるかを確認
2 大きさ : バックや鞄に入れてみる
3 内臓フラッシュ : あり (外付けフラッシュが使える)
4 メディア : SDカードが使える

「保有のレンズ」、普段使う「バックや鞄」、「SDカード」は持っていきましょう。

次に、予算と希望に合わせてカメラの種類を決めましょう。
1万円以下 :トイカメラ
2万円台 :普及コンデジ
3万円台 :高耐久デジカメ(防水、防寒など)
3万円台 :高倍率レンズ搭載
3万円以上 :ミラーレス →チェックポイント:レンズ交換してみる
5万円以上 :一眼レフ →チェックポイント:レンズの多様性
5万円以上 :一眼レフ →チェックポイント:新旧のレンズが使えるか?
10万円以上 :高級コンデジ(高開口数レンズ搭載)
IMG_2978_01.jpg

メーカーや機種で迷ったら「操作性」を実機で確認しましょう。
・フラッシュの切り替え
・タイマーモードの設定
・静止画と動画の切り替え

もし、デジカメでこだわるなら、
・マニュアルフォーカス
・絞りの切り替え
・シャッタースピードの変更
・フラッシュの光の強さの可変
の操作ができるかも確認してください。

せっかくSDカードを持参したのですから、
・接写、標準距離(2m)、遠方
・焦点距離:28㎜、50㎜、120㎜
・絞り:f1.8、f8、f22
・フラッシュの発光:あり、なし
の組み合わせで撮影し持って帰って、写真の出来を比較したいですね。

もし、最後にメーカーで悩んだら、
・tiffファイルで記録できるか?
・RAWデータで記録できるか?
・付属の編集ソフトあるか?さらに、使いやすいか?
・写真共有サイトあるか?さらに、使いやすいか?
なども、比較して決めてください。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

写真を写した後、どうするか? [デジカメの選び方]

デジカメは、デジタル化によりパソコンとの相性が良くなりました。
20170717155353.jpg
デジタル化されたことで、
・暗室での作業がパソコンでの作業となった
・デジタル情報を渡すことで簡単に配れる
・ネガや写真での保存からデジタルデータでの保存
と、なりました。

まず、『暗室での作業がパソコンでの作業となった』としましたが、デジカメの中でもできます。
しかし、機能の選択が難しい「感覚的にできない」ことと、「画面が小さく分かり難い」ことから、パソコンでの作業をお勧めします。
パソコンでの作業に必要なソフトは、各カメラメーカがカメラ購入時に「CDで添付」やHPで無料配布していますので、購入検討時に店頭で確認するとよいでしょう。
前にもご紹介しましたが、ニコンではHPで「無料配布」しています。
http://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/products/261/VCNXSP.html *1
*1:2017年8月現在:無償ソフトで提供

次に、『デジタル情報を渡すことで簡単に配れる』ですが、
・SNSなどで公開
・「クラウド」にアップして公開
・CDなどにコピーして配布
など、いろいろな方法で配ることができます。

簡単なのは、「SNSで公開」ですが、人によっては「セキュリティ」や「個人情報」を理由にSNSへのアップを好まれない場合があるので問題です。

面倒でしないのが、「CDなどにコピーして配布」です。いまはメモリーカードが安価になっています。CDで配るよりメモリーカードで渡す方法も便利です。しかし、昔の紙の写真と同じで渡すのが面倒な場合が多いです。

最もおススメは、『「クラウド」にアップして公開』です。わたしは2つの方法を利用しています。
・無料クラウドドライブへアップ:http://gigafile.nu/
・写真共有サイトへアップ:https://www.nikonimagespace.com/
ファイルのサイズや枚数が多い場合は「無料クラウドドライブ」です。
パソコンとスマホのどちらでもアップと管理ができる利便性では「写真共有サイトへアップ」です。

このほかにも、いろいろな方法があります。
・写真1枚のファイルサイズ
・アップできる最大サイズ(トータル容量)
・パスワードなどのセキュリティ
・アップした写真の見え方
・サイトがだれでも見えて、トラブルがないか?
などで、選んでください。

最後に、『ネガや写真での保存からデジタルデータでの保存』です。
保存方法には、
・撮影したメモリーカードで保存
・クラウドにアップして保存
・PCや外付けのハードディスクに保存
です。
「メモリーカード」は書き込み速度が高いと「高価」になるので「撮影したメモリーカードから保存用の安価なメモリーカード」へコピーして保存をお勧めします。
写真がなくなる心配をするならば、「複数の方法」で保存したいです。
わたしは自宅のPCと実家にある「外付けハードディスク」に保存して「火災」などの災害に備えています。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

操作性…何が重要か? [デジカメの選び方]

操作性では、
・操作ボタンが使いやすいか?
・操作を忘れても「アシスト」してくれるか?
・すべてをマニュアルで操作できるか?
が、重要です。

まず『操作ボタンが使いやすいか?』
・フラッシュの発光と発行禁止が操作しやすいか?
・絞り優先モード、シャッター優先モードの切り替えと絞りとシャッタースピードの設定がしやすいか?
・タイマーモードの設定と設定の解除がしやすいか?
・静止画と動画の切り替えがしやすいか?
などを、お店の定員さんに操作していただいて、自分でできるかをお試しください。
一眼レフはそれぞれの操作用のボタンがあり、操作は簡単ですが、どこのボタンかを探すのが大変です。
それに対してコンパクトデジカメは、操作はほとんど「タッチパネル」で行うため、ボタンが少ないので「操作が大変」ですが、「アシスト」が丁寧になっています。

一眼レフにも『アシスト』がありますが、わかりやすくないのが難点です。
IMG_0069_01.jpg
デジカメを使い倒したいなら『すべてをマニュアルで操作できるか?』です。
・絞り
・シャッタースピード
・ISO(センサーの感度)
・フォーカス(マニュアルフォーカス)
・フラッシュの強さ(発光の光の強さの調整)
など
買う前にお店で「操作を確認して」ください。
もし、
・店員さんでもわからない
・設定に時間がかかる
とその機能は「使われない機能」「使わない機能」となりますので、いろいろなメーカーや機種をお試しください。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

記録媒体…メディア ( メモリーカード )のあれこれ [デジカメの選び方]

デジカメはフィルムに記録する代わりに『メディア ( メモリーカード)』に記録します。
現在は、汎用性や価格から『SDカード』がおススメです。
20170717154936.jpg
デジカメを見に行くときは、『SDカード』を持っていって、試し撮りの際に店員さんに確認のうえ、持っていった『SDカード』に記録して持ち帰りましょう。

一眼レフの場合は『コンパクトフラッシュ』の場合があります。書き込み速度が速いため、4K動画撮影や連写に適しています。
20170717154813.jpg

速度品質の保証はできませんが、『SDカード→コンパクトフラッシュ変換アダプタ』もあります。
20170717154850.jpg

コンパクトフラッシュは「高価」なため、4K動画撮影や連写をしないのであれば、変換アダプタを使うことをお勧めします。
また、「コンパクトフラッシュ」は、パソコンでは一般的ではないので「カードリーダー」を外付けすることが必要です。

デジカメで写した写真を『SDカード』に入れるメリットは、パソコンやスマートホンへの転送が容易にできることです。
ノートパソコンであれば、『SDカードスロット内蔵』も一般的です。
また、『SDカード』にWiFiの機能があれば、スマートホンへ無線LANで写真を転送できます。
ただし、デジカメの電源を入れてSDカードに電源供給を続けるため、電池の消耗が著しいので、注意が必要です。

『SDカード』にも、
・容量:2GB以下(SDカード)、16GB、32GB etc.(SDHCカード)
・速度:class4、class10、UHS Speed Class1、UHS Speed Class3
・大きさ:SDカード、miniSDカード 、microSDカード
で種類がありますが、
・容量:16GB or 32GB(SDHCカード)
・速度:class10 and UHS Speed Class3
・大きさ:microSDカード
が、1,500円(2017年8月現在)から購入出来て、お勧めです。
どのカメラを購入されてもアダプターを使えば「ほぼ」使えます。
20170717155209.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

写した写真のファイルの種類 [デジカメの選び方]

イメージセンサーは、1600万画素、2000万画素、3600万画素と増えています。
結果、写した写真のファイルサイズも大きく、扱いにくくなっています。
それでも、大きなファイルは必ず残しておきたいと考えます。
結果、
・RAWデータ(イメージセンサー撮影状態を記録、メーカー毎にファイル形式が違い互換性なし)
・JPEG(1MB以下に圧縮)
の両方が記録できるとよいと思います。

一般的には、『JPEG』のみの記録で、最高画質の場合、
・1600万画素→約16MB
・2000万画素→約20MB
と、かなり大きいです。転送やファイルのコピーを考えると小さくすることが必要です。

ファイルをSNSにアップするため縮小(圧縮)に、「画像加工ソフト」を利用したいですね。
各カメラメーカーが無償ソフトや「カメラ購入者限定ソフト」を出していますので、高価なソフトを買う前に、各カメラメーカーの「画像加工ソフト」を使ってみましょう。
(後記のニコンは無償ソフトです)

ちなみに、一眼レフの3600万画素で記録した場合、
・RAWデータ→約72MB(最大に設定)
・JPEG→約1.2MB(最小に設定)
となります。
それを「画像加工ソフト」で「ファイル変換」の際に、
・JPEG
・標準圧縮
・解像度:300dpi(プリンタの標準)
・サイズ:2800×1868pix(ピクセル)
 (A4にクロップ(トリミング)済み)
にすることで、1MB以下0.5MB程度にしています。

RAWデータ、JPEGのほかにTIFFがあります。使ったことはありませんので、詳しくありません。

写真を加工する可能性がある場合は、RAWデータやTIFFで記録することをお勧めします。
JPEGでも加工できますが、色や明るさなどを細かく調整できません。

補足:
「画像加工ソフト」について、わたしはニコンの無料ソフトを下記からダウンロードして使用しています。
一部のJPEG写真で不都合が出ていますが、大抵のものを閲覧や加工できます。*2
興味がありましたら、確認してみてください。(自己責任でお願いします)
http://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/products/261/VCNXSP.html *1
*1:2017年8月現在:無償ソフトで提供
*2:iPhone7で撮影したJPEG写真が表示できないときは「ペイント」で読み込んだ後に名前を付けて保存で改善します。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ファインダーの有無 [デジカメの選び方]

ファインダーはあったら便利ですが、必ずなくてはならないものではありません。

カメラを構える時、
・脇を占めて、カメラがぶれないようにする
・片目をつぶって、ファインダーを覗く
すると、カメラマンぽいですよね。

ファインダーは、
・構図を確認する(写る範囲やカメラが斜めになっていないか確認)
・フォーカス(ピント)を確認する
ためにあります。

昔は、
・ファインダーの中央に写したいものが二重やずれて見えていると「ピンぼけ」
・ファインダーの中央の写したいものが二重に見えない、ずれていないと「ピントが合った」
と判断してました。

いまは、オートフォーカスが判断するのに任せています。

構図やフォーカスは「液晶画面」でも確認できます。
ですから、「ファインダーのないデジカメ」が一般化しました。

わたしも、
・変わったアングル(ハイアングル、ローアングル)でファインダーが覗けないとき
・周りを確認しながら写したいとき
・シャッター音を静かにしたいとき
は、一眼レフでファインダーを使わずに液晶画面を見て写す『ライブビュー撮影』をします。

ところが、
・長時間の撮影
・撮影枚数が多いとき
・周りが明るくて液晶が見えづらいとき
・望遠レンズでしっかりカメラを持ちたいとき(手振れ防止)
は、ファインダーを使います。

デジカメのファインダーには
・光学式
・デジタル式
の2種類があり、
デジカメでは『デジタル式ファインダー』がついている場合があり、それは、液晶に写す代わりに、小さな液晶や有機ELで表示したものをレンズを介して「覗く」ファインダーです。
一部の高級コンデジやミラーレス用に『光学式ビューファインダー』を取り付けて使う場合もあります。
一眼レフは、光学式の『レフレックス式ファインダー』が一般的です。
電池の消耗を考えると『光学式』の方が有利です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フラッシュ…必要、それとも… [デジカメの選び方]

初めてデジカメを買われるのであれば、「内臓フラッシュ」があるものをお勧めします。
20170717133445.jpg
また、買う前に売り場で内臓フラッシュを『発光させる撮影』と『発光させない撮影』をして、操作が簡単にできるかも確認してください。

写真を写していて、失敗して恥ずかしいのは、
・フラッシュを発光させて「写す相手や周りをびっくり!驚かせる」
・写真撮影禁止なのに『フラッシュを発光させてしまう』(そもそもマナー違反!)
・ベストショットのタイミングで『フラッシュが発光しないため、写らなかった』
などです。

フラッシュは、
・暗く光が足らないとき
・背景が明るい、逆光のとき
・影が強くできてしまって、弱めたいとき
などに使用できます。

もちろん、フラッシュがなくとも、
「暗く光が足らないとき」
→センサーの感度を上げて写す
「背景が明るい、逆光のとき」
「影が強くできてしまって、弱めたいとき」
→ハイダイナミックレンジ合成(HDR)をする
などで、改善することもできますが、『フラッシュ』も一つの方法として使える方がいいです。

さらに、
・外付けのフラッシュが使えるか?
20170717134003.jpg
・複数のフラッシュがコントロールできるか?
20170722142113.jpg
は、スマホではできない、デジカメならではのことです。


ちなみに、フラグシップ(最上位の一眼レフ)には「内臓フラッシュ」がありません。
これは、外付けのフラッシュ(ストロボ)や照明を使うことを前提としているとお考え下さい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シャッター…あれこれ [デジカメの選び方]

今はまだ、「メカニカルシャッター」と「電子シャッター」の併用を選ぶのが良いと思います。
シャッターには、機械的に動く「メカニカルシャッター」と何も動かない「電子シャッター」があります。
「メカニカルシャッター」は、
・良い点:ゆがみやノイズのない写真が写せる
・課題点:振動で撮影したものがぶれる
「電子シャッター」は、
・良い点:振動がない、小型化できる
・課題点:ゆがみやノイズが発生する
B0002565.JPG

また、このシャッターに対する考え方の違いが、「デジカメ」と「ビデオカメラ」の違いといってもよいかもしれません。

「メカニカルシャッター」と「電子シャッター」の併用の場合、
・静止画:「メカニカルシャッター」がメインで「電子シャッター」が補助
・動画 :「電子シャッター」で撮影
となります。

また、「メカニカルシャッター」の性能を比べるなら、最高速のシャッタースピードと『フラッシュ撮影時のシャッタースピード』つまり、「シンクロ同調速度」が早いとよいことがあります。
・日中の補助光として「フラッシュが使いやすい」
・動いているものを写したときに『フラッシュで止まって見える』


わたしは、機械が好きでカメラが好きになったのか?カメラが好きだから機械が好きになったのか?
よくわからないです。
カメラの機械の中でも「シャッター」と一眼レフの「ミラーのアップ/ダウン」が、面白いと思っています。

シャッターは、写真が生まれたころ『レンズキャップの開け閉め』で行っていました。フィルムの感度が低かったので写真を写すのに「数十秒」も必要としていました。

フィルムの感度が上がるとレンズの中の絞りの近くに「開閉する」『レンズシャッター』ができ、
20170717134909.jpg
ばねやゼンマイの力などで開閉のスピードが「可変」できるようになりました。そのスピードは『レンズが大きいと早くできない』ため、高速シャッターが求められました。

レンズとフィルムの間でもフィルム側に布の幕があり、シャッターを押すとばねで幕が巻き取られ、フィルムに光が当たり、光を当てた後に別の幕を引っ張ってフィルムを被い光を遮断する「フォーカルプレーンシャッター」が登場します。
フィルムの横の長さ35㎜全開するときのシャッタースピードが「シンクロ同調速度」となり、全開した瞬間にフラッシュを発光させます。
「シンクロ同調速度」を速くするために縦の長さ24mm方向に複数枚の金属の羽で布の幕を代用したものが登場しました。
20170808160621_01.jpg
これが今主流の『電子制御式上下走行式フォーカルプレーンシャッター』です。
このスピードは1/250秒ぐらいが最高速となります。では、1/1000秒などの高速はどのようにしているのでしょうか?
全開が1/250秒です、全開させず、1/4だけ開いた時に閉じる羽も動かすとフィルムに当たる光は1/4となります。これが1/1000秒です。全開していないため、フラッシュを発光させると光った瞬間の「羽が開いた位置」だけが明るくなるので「フラッシュ撮影ができない」ようになっています。

シャッターは、創意工夫で振動がなくなっては来ていますが、「0」にはできません。デジカメが高解像度に進歩することによって、振動が発生する「メカニカルシャッター」は、なくなるかもしれない、それが寂しいです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レンズ…何が違うの? [デジカメの選び方]

レンズには「色々な規格(仕様)と分類」があります。
さらに、同じ規格(仕様)のレンズでも「性質」は異なります。
まず、規格で
・焦点距離:50㎜
はよく聞きますよね。
数字の解説は別にするとして、レンズで
・ピントは調整できても焦点距離は調整できない
ことが、わかります。これを「単焦点レンズ」といいます。
・焦点距離:28~70㎜
は、数値に範囲があり、
・焦点距離も調整できる
ので「ズームレンズ」といいます。

いま、デジカメを買うとほとんどが「ズームレンズ」です。

ズームレンズには、
標準ズーム:焦点距離が28~70㎜
20170804151639.jpg
高倍率ズーム:焦点距離が16~300㎜
広角ズーム:16~35㎜
望遠ズーム:80~300㎜(レンズ交換用レンズ)
20170804151304.jpg
など、様々な範囲のズームレンズがあります。

これは、写せる範囲(角度)と密接な関係にありますが、写せる範囲は、焦点距離とイメージセンサーの大きさに影響されるため、フルサイズのイメージセンサに換算して考えるのが一般的となっています。

ここで、簡単に焦点距離と使うシーンをまとめると
・16㎜、28㎜(広角):集合写真や風景写真で広い範囲を写したいシーン
・35mm、50mm、85㎜(標準):街中や人物など日常のシーン
・120、200、300㎜(望遠):スポーツや運動会、お遊戯会で離れた場所から特定のものや人物などを写したいシーン
と、なります。

コンデジを買う場合は、35㎜~120㎜がカバーされていれば十分です。

ミラーレスや一眼レフを購入する場合の1本目は『標準ズーム』や『高倍率ズーム』がおススメです。
でも、2本目は『単焦点レンズ』を買ってみてください。
20170804151726.jpg

同じ、焦点距離のレンズでも、デジカメやレンズの値段が2~5倍違うことがあります。
その違いが
・F値(開口数):f2.8(f/2.8)
です。レンズの径の大きさです。もちろん、レンズの径が大きくなるとレンズを構成している『レンズの枚数』が増えたり、レンズの長さが『長く』なったりします。
それでも、f4(レンズ小)より、f2.8、f1.4(レンズ大)が欲しいのは、ボケが良くなるためです。

そのほかにも、
・材質:高屈折レンズ、蛍石
・レズ加工:非球面レンズ
を使うとレンズが『高価』になります。

お店で選ぶときには、シーンを想定して試し撮りをして、その写真を持ち帰って吟味できるといいですね。
・接写:近くのものを大きく写す
・標準:2m前後離れた人物を写す
・遠方:店内で最も離れたところを写す
その『接写』『標準』『遠方』を
・最大開放(f1.8)
・f8
・最小絞り(f22)
ズームレンズの場合はさらに、
・最小値:28㎜以下
・標準値:50㎜
・最大値:120㎜以上
の27通りを試し撮りしてみてください。その時の調整の操作が簡単かどうかも「ポイント」になります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。